「ウーロン茶」の認識

日本では、いわゆる中国茶を総称して「ウーロン茶」って呼ぶ風潮がありますが、
マレーシア(というか中国人社会?)では、結構通じません。
よく考えてみれば、おすし屋で「お茶」っていうのを「ほうじ茶」とか「玄米茶」って言う様な感じ?
ウーロン茶は”あくまでも中国茶の一種”ということ。

私の中では、「ウーロン茶 = 日本のイメージのウーロン茶が出てくる」感覚だったから。
最初の頃レストランとか食堂で「ウーロン茶」って注文したら
「はぁ??」って困った顔とかよくされました。
「チャイニーズティー」って言えば、すんなりオーダーできます。
こんな細かいことまで、文化の違いだなぁ~と感じる今日この頃。
f0012113_13413631.jpg

ちなみに、ほぼどこのお店に行っても、
チャイニーズティーにだけはストローが刺されていません。
[PR]
by yukojasuk | 2006-05-29 13:41 | マレーシア
<< 日常の中の小さな幸せ♪ ソムタム マイ サイ プリック >>