MILO(ミロ)の位置づけ

マレーシアでのミロのモテハヤサレぶりにちょっとビックリ!
ミロブランドのジュース、お菓子、飴、コーンフレーク、パン、アイス、、、、その他色々。
スーパーで「ミロ」が陣取る面積は日本の比じゃない!
ファーストフードのドリンクメニューにも必ずと言っていいほどあるし、
食堂タイプのレストランでは当然だし、会社の給湯室にもストックされている。

パン屋さんでも
 クリーム、チョコレート、ピーナツ、ミロ・・・
ソフトクリームのトッピングでも
 チョコ、ストロベリー、バナナ、ミロ・・・
「ナン(インドのパン)」のテイストでも
 プレーン、チーズ、ガーリック、ミロ・・・
とまぁこんな感じで♪
日常に、当然あるものとしてかなり生活に溶け込んでいます。
(人の家に遊びに行くと「何の飲む?コーヒー?紅茶?ミロ?」って本当に聞かれた事あり!)

それと同時にコンデンスミルクの位置もかなり高くて、
日本じゃイチゴにつけるぐらいのモンだけど、
普段の料理にもコーヒーにも日本じゃ「砂糖」が登場する場面で
コンデンスミルクが使われる率非常に高い。
だからコンデンスミルクのブランドも沢山あって、
ミロ同様にスーパーの売り場面積かなり広いです。
f0012113_840969.jpg


コレって、タイでも同じだった。
ちなみにミロは『マイロ』と呼ばれています
[PR]
by yukojasuk | 2006-06-01 10:17 | マレーシア
<< 黄色 クマ >>