今更ながらに

「マディソン群の橋」
f0012113_829134.jpg

流行りましたよね。
映画にもなったりして、一世を風靡した話。
前の人が置いて行ったコンドミニアムの本棚から見つけて今更ながらに読みました。
意外と肉厚が無くて、1時間ぐらいで完読しました。

この物語のシチュエーションに共感するとかしないとかは別として、
そりゃまぁ、私だって恋もするわけやけど、
好きになったりなられたり、恋が始まったり終わったりするけど、
話の究極の所、「運命の誰か」とか「どんな事があっても揺るぎ無い愛」とか、
「誰かを好きで好きで好きで仕方が無い」とか言う思い。
私はいつの間に失くしたんやろう??と思った。
記憶を辿ると、きっとその「いつか」は明確になるんかな?と思うけど、
怖いからそれは考えないようにします。

この本みたいな恋をしたい訳ではないけど、感情は素敵だなぁと思いました。
(でもちょっと、あまりにも直訳過ぎだなぁと思った)
[PR]
by yukojasuk | 2006-06-03 20:28 | マレーシア
<< 返せ!私の大切な手紙 コレ!!っちゅうお土産 >>