2006年9月19日

以前から認識はしていましたが、更に強く、更に明確に、
遠くから近くから、様々な人に助けられ見守られて、
私は生きさせてもらっているんだと、つくづく感じています。
私なんて本当に小さいモンだよ。
こうして海外に居る資格も、本当は無いのかもしれない。
でも、それでも「海外なんかで暮らすから~」って言われても、ここに居る事を選びたい。
日本とは色々と勝手が違うから、
例えば背中から刺されて死んだとしても、今の私は後悔しないと思う。
失くす物が無いから、そんな事が言えるのかもしれないけど、
それもまた現実で、守りに入れない私は強いのではなく淋しいのかなぁ?(`・ω・´)

人に言われて気付くことが沢山沢山有り過ぎて、
その度に、一人でそこまで気付けなかった自分へ劣等感も感じます。
一体私は何がしたいのか?
何が欲しいのか?
マレーシアへ来た理由は?
どうしてマレーシアに居続けるのか?
・・・もう、何もかもへの答えが分からなくなっているし、刻一刻と変化もしています。
26歳は、まだまだヒヨコで、でももう大人にならないといけない年齢。

毎日の生活は、昨日と今日に大きな差も無く繰り返されるけれど、
全く同じな訳ないし、少しずつでも前進できるように頑張りたい!
[PR]
by yukojasuk | 2006-09-19 13:04 | マレーシア
<< いつも私を見てきた こんな日に限って・・・ >>