雑用は無い!

専門学生時代、週に1度の選択科目で受けた「経済学」の授業。
その時の講師の言葉で今でも心に残っているのが今日のタイトルです。

先生は自身の『ティッシュ配り』経験の話を例に、
渡し方や表情1つで反応が全然違ったり、
何時間続けても配りきれなかったりと、
『ただティッシュ渡すだけ!』と、正直バカにした様な気持ちを持っていたが、
いかに大変なのかを身に染みて感じ、職業に貴賎無き事を再認識、
仕事に「雑用」は存在しないんだと気付いた。

例えば看護婦さん。
看護婦さんの[重要な]仕事は、
患者さんのお世話や、医師の補助や、もちろん他にも沢山。
看護婦さんにとっての[どうでもいい]仕事は、
ゴミ出しや、駐輪所が混んで来たから自転車を整理したり等々。
そして人はそれを『雑用』と呼ぶ。
だけれども、もしもその『雑用』を一切しなければ、
現実的に[重要な]仕事は進まない。
と言う事は、ゴミ出しも、自転車整理も『看護婦さんの重要な仕事』の一部分なのです。

詳細は忘れてしまいましたが、まぁこの様な内容の話でした。

私は一応職業名を付けるならば事務OLになるのかなぁ??と思います。
OLらしくオフィスで資料作成やデータ処理なんかがメインですが、
時には品質管理部署で製品を磨いてみたり、カメラマン、翻訳・通訳(うそ~ん!)
パッキングに精を出すこともあれば、製品選別、メッセンジャー、
時には悩みを打ち明けられる事だってあるし、
初めて聞く化学物質や計算式に、頭が\(◎o◎)/こんなになる事も!!
小さい小さい事まで含めると、数限り無い種類の仕事に関わっている気がします。
でも、そのどれも欠けると他の事が前に進まなかったと思う。
例えお茶出しやコピー取りであろうと、『雑用』じゃないんだなぁと、
私の現実に当て嵌めて考えてみると、すごく納得しました。

他の人に任せてしまえる事もあるけど、
他の人もまた、その人の「重要な仕事」をしているのだと思うので、
出来る限り自分で!と思い、忙しいながらも充実して居ります。
しっかし!最近本当に忙しいから、気がついたらアっと云う間に5時半だ!という感じ!
[PR]
by yukojasuk | 2006-12-04 20:22 | マレーシア
<< マレーシア生活、私の泣き所 久々のOUG >>