迎春映画鑑賞

新年早々に、タイトルがこんななので、書こうか迷ったけど、
余りにも良かったので、書いてしまいます!!!

『日本沈没』を観て来ました。
元旦に一人で映画に行くという暴挙!!!
チケットカウンターで「How many person?」と訊かれて「One only」と答えると
カウンターのお兄さんに「フフフ」って笑われたわッ。ケッ(-_-;)
(でも、そのお陰で?本当は15分前からしか発券しないシートをナイショで取ってくれた★)
f0012113_903611.jpg

 -もう、ハッキリ言って呼吸困難!
 -鼻水で防寒用に持参した上着はドテドテ・・・。
涙無しでは絶対に観れない。
何度も鳥肌が立ったし、なんかもうスゴかった。

映像はCGだって凄く分かるし(笑)、
そこに何かを求めてた訳じゃなかったけど、「いいらしい」という周りの評判と、
日本映画ってことで、観た訳ですが。。。。

ストーリーの中心は「日本が沈む」ってこととか、災害に対するリマインド的な意味じゃなく
結局は『愛』でした。。
男女間の愛だけじゃなく、家族、友情、を含む『愛』
愛の力というのがどれだけ大きいのか、
自分の存在、他人の存在がどれ程人を動かす力を有するのか・・・・

実はマレーシアでは1月4日から封切りなのですが、
なぜかサミットは深夜だったり、早朝だったり時間はバラバラながらも、
12月末から1日1回だけ上映されていました。

もしお時間があれば、これは本当に観る価値アリです。
Devil Wear The Prada 余裕で超えました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
My 1st Movie of 2007

Yesterday, I watched movie.
The title of  it is [NIPPON CHINBOTSU] (English: SINKING OF JAPAN)
At that time (and always??? FuFuFu) I didn't have any accompany, that's why I went alone.
At seat booking time, clerk asked me "How many person?" of course my answer was "One only"
When he listen my answer, he looked up and see my face, then he give me cynical smile!!
HAHAHA ---- It's never mind! Already used to such a situation la~!!

Retune back to story...
The impression of the film,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
Throughout, I couldn't watch it without sobs.
It has too much deep emotion!!!!!!! YABAI ze!!!

In my background informations that I had before hand are
---Regarding earthquake / diastrophism ----- only such a story.
But, that is totally different form actual.

The meaning of that film is all kind of [LOVE]
[LOVE] has how big power?
[LOVE] possible change human's life 180°
Person can correct [LOVE] is, how hard and how miraculous.
Something likes that
(Oh! very sorry for my poor English....)

From 4/Jan/2007 It can sea almost cinema in KL and around.
If you have plenty time. I want to recommend you to watch it.
Sure you will be able to get something-indescribable emotion....
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by yukojasuk | 2007-01-02 09:02 | マレーシア
<< 続・Quality Life 2007年を迎えて・・・ >>