愛の告白Part2

愛の告白を受けました。
前回同様に、「私も同じ気持ちです」とは言えない私。
恋愛能力は封印されたままの様です。

”担当者”であるからという理由なんだけれども、
私の名前を指定して電話がかかって来たり、
私を探して誰かが私のデスクを尋ねて来たり、
私の存在で少しは物事が前に進んだり、
「遊ぼう」「ご飯を一緒に食べよう」「相談があるんだけど」・・・etc
と、声をかけてくれる人が居る。
増してや「私を好き」だなんて人が居た。

「私って、世の中に、(会社に、学校に、家族に・・・)必要の無い人間なんじゃないか?」
・・・こういった事って、きっと誰もが一度は思うんじゃないかと思います。
私もそう。
失敗したり自信を失った時、孤独を感じる時、しょっちゅう、こんな風に考えてしまう。
馬鹿なことだとは理解しながらも、心のバランスをいつも高く保つのは難しいものです。

でもね、よく考えてみると私の日々の喜びって、
例えばコレ車用の滑り止めシート。
f0012113_9342538.jpg

2枚セットで、他の店で見た1枚のより安くて、超HAPPY♪
「じゅうたんの下に敷こう」とルンルンになる。
こんなモンなんですよね~
物事を、必要以上に複雑に考え過ぎても疲れてしまうだけ。
もっとシンプルに、日々の小さい幸せを感じる事で、
1つ1つは小さくてもアキュムレートされ、結局人生は潤うんだ!と思いました。
[PR]
by yukojasuk | 2007-01-10 09:34 | マレーシア
<< 『始めての恋、最後の恋』 高ければ高い壁の方が、登った時... >>