『始めての恋、最後の恋』

『始めての恋、最後の恋』
・・・私のことじゃありませんッ!
f0012113_84205.jpg

がっつり恋愛の話じゃなくて、人生、後悔、再生、、、そういう関係で、
渡部篤朗主演で数年前に映画化されたものの文庫ノベライズ本です。
(右→ライフログに詳細あります)

読みながら嗚咽。
ヒクヒク泣きながら数時間で一気に読み切ってしまいました。
途中、U上司から電話があり、いきなり涙でぐしゃぐしゃの私の声にビックリされたので、
「今、本読んでいてあまりにも感動して。。。もう。。。。」
って言う私に、大笑いされました。

この本から学んだ事が余りにも多く、ただの恋愛文庫じゃなかったです。

日本での私のは、会社に所属する人間として外部の人と接触するという機会が皆無でした。
その頃は、それが普通だと思って生活していたので、「そんなもんだ」と、
特に何も感じなかったのですが、

今の仕事を通して、様々なタイプの人との出会いがあります。
憧れたり、こうなりたい!と思える人に出会えた時は、
いい所をいっぱい盗み取って行きたいなぁと思うし、
逆に同席に不快感を覚える人が居るのも事実。
そしてそこから、「こういう行動や発言は人を不快にするのだなぁ」と言う事を学び、
自分に活かしていきたいなぁ!と。

小さな事でいちいち感動して、涙まで流れてしまう今の私。
そしてその涙が嬉しい涙や感動の涙であることに、自分自身戸惑ってしまっています。
私を泣かすのは、家族や友達の存在、仕事やそれに関わる人・物・経験、E-mail、、、
それから映画、本、音楽(歌詞)、電話、、、、
作られたエンターテイメントでさえ、私の枕を十分に濡らしてしまう。

私、なんて涙もろくなったんだろう!
歳のせいかなぁ ???
[PR]
by yukojasuk | 2007-01-11 08:43 | マレーシア
<< 幸せのおすそ分けを頂きました 愛の告白Part2 >>